【選挙カー&選挙ポスター&選挙用品.com】 〜選挙カー、選挙ポスター、選挙看板等の選挙用品を全国通販〜

『政治・選挙用広告マグネットシート看板』【実用新案登録第3153981号】
実用新案権者:株式会社マテリア (選挙用品ドットコム運営会社)
 ■ 自家用車を合法に選挙カーに仕上げる方法 【必読】
〜 選挙カーを準備できなかった全ての候補者の方へ 〜


※ あなたの車のサイズに合わせて製作するので、どんな車にも対応可能です。



選挙カー(宣車)は、選挙期間中、最も準備するのが難しい選挙用品の一つです。





選挙カーは、レンタルするのが一般的だが、選挙カーのレンタカーはただでさえ数が少ないです。

その少ない選挙カーは、選挙準備の早い候補者、古参の候補者が先におさえてしまって、

何かと準備に戸惑う新人・若手候補者が手配をする頃には売り切れているのが現状です。


準備するのが難しいとは言え、選挙カーは、選挙期間中、

最も活躍する選挙用品の一つでもあり、

選挙カーを持つ持たないというのは大変なハンディーキャップですので、

カンタンには諦められません。


良く、若手候補者などは、

「金の掛からない選挙」をアピールする方法の一つとして、

自転車にのぼりを立て遊説する候補者も見られますが、

これは非常にデメリットが目立ちます。

【自転車遊説のデメリット

移動が遅い

・余計な体力を消耗する

・運転しながら挨拶をするのは困難(あいさつが雑になりがち)

一人しか乗れず、ウグイス嬢や遊説参謀を伴うことができない(協力者の支援が不可能となる)

物の移送、運搬等ができず、遊説に携帯するものも極端に限られる

事故の危険(狭い歩道を進み、有権者と接触事故を起こす。候補者が転倒する など)

・相手候補者に比べ貧弱でチープなイメージ (若手・学生候補者以外にはまず通用しない)



と、ちょっと辛口なことを言えば、

基本的に学生候補者など「若さ・元気」をウリにする候補者以外は、

採用すべき戦術ではないといえます。
(メリットに比べてデメリットが圧倒的に多すぎるから…)



また、選挙カーを準備できなかった方は、

自家用車を手作りで改造する人もいらっしゃいます。

多くの方は、ホームセンターなどに行ってガムテープ等で名前を貼ったり、

カラーコピーした顔写真などを恐る恐る掲載したり、

雨風で剥がれないように、ビニールで覆いをかけたりの仕上げをしていらっしゃいます。

この時期に、そこまで労力を割けないので、

どうしても急造の応急処置的な印象の作りになってしまうようです。


しかし、

大切な選挙カーをこのような素人さんの応急処置で急造することは、

あらゆるデメリットを抱えます。



【自家用車を自ら改造するデメリット

改造箇所が公選法に違反していないか不安

・直前の貴重な時間を、余計な仕事で浪費する

・仕上がりの「文字」「写真」のクオリティーが著しく低くなりがち

車の整備が十分ではない(選挙期間中の酷使で、ありえない万一のトラブルの可能性)

・選挙カーに比べて圧倒的に貧弱でチープな仕上がり(弱い候補者のイメージにつながる)

・公示日前には、看板は目隠ししなければならないので、覆いをかけなければならず、
 看板設置から公示日まで車が使用できない

・拡声器なども別で手配しなければならなくなる

・選挙後の原状回復で、キズ、跡が残ってしまう危険性アリ




正直に申しますが、

選挙カーを準備できなかった候補者は圧倒的に不利です。


それは、選挙カーをレンタルできた候補者は、

「選挙期間中、最も大切な選挙用品を調達し、

しかも公費(車両)で運用することができる」のに対し、

逆に、余計な手間をかけるわりに、

余計なチープ感を印象付けてしまうリスクだけを負うはめになるからです。


※左:wordの最大文字 480サイズを貼り合せた手作り選挙カー(選挙事務所内にある道具だけで作成)



そこで、カンタン・スピーディーに見栄え良く、

『自家用車を合法的に選挙カーに変身させる方法(キット一式)』を、

開発いたしましたので、ご紹介します。



それは・・・







■ 『自家用車を合法的に選挙カーに変身させるキット(一式)




※マグネット圧着のため特殊な一部の車両では対応していない場合があります。詳しくはお問合せください。



【キット一式の内容】

■選挙カー看板キット

 ● マグネット脱着式 ×3枚 (全て規格内・法定サイズ)



 あなたの車のサイズに合わせて、製作しますので、どんな車でもOK。

 (ワンボックスカー。軽自動車。ステーションワゴン。セダン。軽トラ。2ドア 等何でも対応!!)

 プロのデザインと仕上げで、本物の『選挙カー』仕上げ。

 マグネット脱着式で、公示日当日に貼るだけだから、

 公示日前の目隠しの必要がありません。

 また、商用看板素材なので、雨風に強く、にじみむことなどはなく、

 写真(要データ渡し)もキレイ。フルカラー対応です。

 




■拡声器 (オプション)

 ● 拡声器 ×1式〜 (60W〜)


 地方選挙も対応の出力。

 防水で雨対応。

 実績多数、全国区で使われています。





【当キットご利用の方のお声】





【当キットの関連法規情報】

公選法上:看板の規格制限があるがが、当商品は法定内サイズ。

 また、同法上、枚数制限はないので、枚数も合法です。


 ※ ただし、万一のため事前に、所管の選管、警察署には確認をとるようにしましょう。



【実用新案登録商品です】

『政治・選挙用広告マグネットシート看板』【実用新案登録第3153981号】
実用新案権者:株式会社マテリア (選挙用品ドットコム運営会社)







気になるお値段の前に、

一般的な選挙カーに掛かる費用をご紹介しますと・・・




【8人乗りワンボックスカーの選挙カーレンタルの費用】

ワンボックスカー+看板+スピーカー=100万円/15日





【軽自動車の選挙カーレンタルの場合の費用例】

軽自動車のバンタイプ+看板+スピーカー=41万5千円/月

 
〔内訳詳細〕

 15日間のレンタル12万(選挙酷使用の保険料込のため相場の倍という選挙価格となる)。

 車載スピーカー2つ+アンプ+マイクセットで10万。

 取り付け工事に4万5千。

 車載看板が15万。







と、あらゆる選挙用品の中でも

最も高額となる選挙カーの調達費用は巨額です。




しかし、

当キットは価格面でも大変お求めやすく当キットを開発いたしました。





(※拡声器のオプションは別途です)





プラスでかかる経費は…

送料1,050円(全国均一)、

設置費0円、

原状回復0円、

銀行振込の方のみ振込み手数料 のみ!


(詳しくお知りになりたい方はお問合せ下さい)





選挙用品の中でも最も高額となる選挙カーの調達費用は巨額ですが、

自家用車を選挙カーに変身させるこのキットなら、この費用を大幅に節約できます。

最近は、『公的資金』となる

選挙の『公的負担』を使わないポリシーの方もたくさんいらっしゃいます。

そのような、公的資金を使わず、

公的資金に頼らず、

低予算で上手に選挙カーを調達する方法として、この商品が注目されはじめております。





■このキットを使用したメリット

・安心の法定内の規格遵守サイズ

選挙カーのクオリティーの仕上がり

カンタン・スピーディーに見栄えよく自家用車を選挙カーに変身させることができます

・プロ仕様の素材でも、低価格化を実現。選車レンタルコストを大幅削減できます

・マグネットで貼るだけだから、公示日当日に1分で設置可能

・街頭演説では、演説ステージにも変身!?

現状復帰も傷をつけずラクラク

・拡声器(オプション)も国政選挙対応の大出力、しかも防水で雨もOK

・選挙カーを方々に探す手間OFF

・乗りなれた車で運転手も気苦労が和らぎます




『選挙用品ドットコム』は、新人・若手候補者の味方です。

財力や選挙の腕前だけで当選する選挙ではなく、

人本意で決まる選挙を応援させて頂くべく、微力を尽くしています。




また、選挙カーのレンタルもやってます。

選挙カーで勝負をかけたい方必見です。



※当該商品は、尊敬する選挙プランナー三浦博史氏が最初に考案したものを発展継承したものです。
また、フルラッピングカーは実用新案登録(第3105476号)をご参照ください。




『選挙カー&選挙ポスター&選挙用品.com』 〜選挙カー、選挙ポスター、選挙看板等の選挙用品を全国通販〜


   選挙カー&選挙ポスター&選挙用品.com 【選挙用品ドットコム】
神奈川県横浜市神奈川区台町16-6 不二ビル3階
TEL 045−314−2840
FAX 045−624−8495
〔電話受付時間:月〜金 09:00〜18:00〕
E-mail:info@senkyo-yohin.com