■選挙体験記 -増田裕二 愛知県議員に聞く

2015年4月26日、愛知県議員選挙で初当選された増田裕二さんに、お話を伺いました。

もくじ 
  1. 出馬までの経緯と選挙戦について
  2. 選挙用品ドットコムについて
  3. 選挙用品について
  4. 今後出馬される方へのメッセージ


1.出馬までの経緯と選挙戦について

--  まずは出馬までの経緯をお聞かせください。

私は元々、病院の経営をしていたんですね。
また、地域でのNPO活動もずっと続けております。
それで、青年会議所に加入していたんですが、あるとき、セミナーで世襲でなくても議員になれることを知ったんです。
それまで議員と言えば、世襲かコネがなければ絶対になれないものだと思っていたので、一気に政治家への夢が広がりました。
そこで先輩の紹介で愛知県議会議員の事務局で3年間、県政について勉強させてもらったのがきっかけです。


--  それですぐに出馬されたのですか?

実は最初、市議会選に出馬したんです。
平成21年に名古屋市の補欠選挙があってそれが初出馬になります。
そのときは力及ばずでした。
その後平成23年の名古屋市議会選挙にも出たのですが、惜しくも当選ならずでした。
出馬した地域が違ったことでなかなか得票数を集めることができませんでした。

それから一度、政治のことはやめて、病院経営にもどったんですね。
1年くらい経営の方に専念したのですが、やはり政治家の夢もあきらめきれない。
それで、3年間かけて準備をして、今回の県議会選挙に出馬しました。


--  県議会選挙に鞍替えされたとのことですが、選挙運動のほうはいかがでしたか?

3年間の準備期間に個別訪問で3万枚の名刺を配りました。
また、地域のイベントなどにも積極的に参加して、地元の皆様に、自分の考えをお伝えしてきました。
また、地元の市会議員のお力を借りて、自民党の公認を頂くこともできました。
なので、選挙前から、ある程度の手応えはあったんです。


ところが、告示が始まってみると、保守系が2名出ていたんですね。
これは票が割れる。
そうなるともう、どうなるかわからなくなりました。
最後まで不安でしたが、結果、当選させていただくことができました。


2.選挙用品ドットコムについて

--  選挙用品ドットコムでは、今回、どのようなものを注文されましたか?

たすきをお願いしました。
普通のたすきの他に、蛍光色で「光る」たすきもお願いしました。
また、前回出馬したときに、ロール式の看板シートも頼んだのですが、今回、それも使いました。


--  それらの選挙用品について、実際に完成した用品が届いて、周りの方の反応はいかがでしたか?

とても良かったです。
特に光るたすきは早朝や夜に駅立ちするときにものすごく目立って良かったです。


--  選挙用品ドットコムをお知りになったのは?

インターネットで検索して見つけました。


--  他の業者と比べたりしましたか?

実はそれまでお願いしていた看板屋さんとかがあるのですが、私は型にはまるのがイヤだったんです。
選挙用品ドットコムさんの商品は斬新なので、こちらに注文しようと思いました。


--  選挙用品ドットコムのホームページはわかりやすいでしょうか?

わかりやすいと思いました。
商品によっては参考価格になっているのですが、それが実際の価格で表示してもらえるともっとわかりやすいかな。


--  実際に注文してからのやりとりについて、スタッフの対応はいかがでしたか?

とても親切に対応してもらえましたよ。
あと、スピーディなのも良かったです。


3.選挙用品について

--  次の選挙戦でぜひ使ってみたい用品はありますか?

やっぱり「光るたすき」ですね。
とにかく朝晩に威力を発揮してくれました。
珍しいのでみなさん見てくれますしね。
そして名前も覚えてもらえる。
これは次回も絶対使います。


4.今後出馬される方へのメッセージ

-- 最後に、これから選挙に出てみようと思っている方へのメッセージをお願いします。

地盤や看板がなくても政治家になれるんです。
私は足で稼いで3年間、しっかりと地域に根ざした活動をしてきました。
強い意思を持って地域活動や政治活動をしていれば、必ず夢はかないます。
これからの方には、勇気と強い意思、そして新しい発想を持って立候補してほしいと思います。


--  本日はお忙しい中、ありがとうございました。



※ 取材日時 2015年6月